福島の珍味?「若桃の甘露煮」の美味さと女性に嬉しい効果とは?

こんにちは、@shifukumakissaです。

福島市と言えば桃の産地として有名ですよね。天皇陛下に献上するための桃、通称”献上桃”の産地としてもその名を全国に知らしめています。

さて、そんな福島市には、”若桃の甘露煮”と呼ばれる珍味があるのをご存知でしょうか?

若桃の甘露煮とは?

それがこちら。

若桃の甘露煮画像1

若桃の甘露煮は、その名の通り、若いうちに採った桃の実を甘く煮詰めたスイーツです。

ネットで購入することもできます。

“採った”というよりは、”取った”という方が正しいかもしれません。

というのも桃の栽培では、摘蕾(てきらい)、摘花(てきばな)、摘果(てきか)と、蕾・花・果実の段階でそれらを切り取る作業があるからです。

もうお分かりかと思いますが、こうすることで残った蕾・花・果実それぞれに栄養を行き渡らせることができます。

そのようにして、より形が良く、より味がよく、より甘みの強い、品質の高い桃の実を選別していくのです。

あとはお察しの通り、この過程で取り去った果実”若桃”を甘露煮にしたのが、この”若桃の甘露煮”というわけです。つまりスーパーで何気なく買う桃は、ものすごい競争を勝ち抜いたエリート中のエリート桃なわけですね。

桃がなぜ高いかは、これでなんとなくお分かりかと思います。

若桃の甘露煮は福島のお土産コーナーで販売されています!

そんな若桃の甘露煮は、福島駅東口にあるエスパル1階のお土産物コーナー”地酒の森”というお店にあります。

ちなみにお値段は税込み648円。

また東口とは反対の、福島駅西口にある施設”コラッセふくしま”では、パッケージが違う若桃の甘露煮があります。

そちらでも、概ねこのあたりの値段で購入できます。

若桃の甘露煮を実食!

というわけで、桃のエリート街道から落ちてしまったけれども、珍味として復活した”若桃の甘露煮”を食べてみたいと思います!

若桃の甘露煮画像2

裏にもポップと同様の記載が。

シャーベットにしても食べてみたいな。

若桃の甘露煮画像3

若桃とはいえ、ごろっとした重量感があるので、なかなか食べごたえありそうですよね。

若桃の甘露煮画像4

つま楊枝で刺して持ち上げてみました。

見た目以上にずっしりとしますよ。

若桃の甘露煮画像5

そして一口。

ん~、美味い!甘い!

このジャクッジャクッとした歯ごたえ!成熟した桃にはない、新食感でございます!

そして甘露煮の甘さと、若桃の果肉から香るちょっとしたアオっぽさが相まって、清涼感を感じさせてくれます。

さらにこの若桃、種まで丸ごと食べられるんです!

次から次に、口に頬張って食べてしまいたくなりますなぁ。

一方で、シロップの甘みが割と強いかな?という感じです。なので甘いのが苦手な方は、食べる時に液をよく落としてからの方がいいですね。

女性に嬉しい成分セラミドたっぷり

この”若桃の甘露煮”、実は女性に嬉しいセラミド(肌に必要な水分や油分を保つ働きをしてくれる成分)もたっぷり!

一般に、セラミドを補うことで、美肌、美白促進、肌荒れ予防、アトピー性皮膚炎の改善に効果があることが知られている。今回、セラミドの原料素材となる小麦胚芽と比較して若桃には約13倍も多くセラミドが含まれていることが確認された。

引用元:フルーツ王国福島から「若桃の甘露煮」の誕生|地域資源活用チャンネル 成果事例 メディアでの紹介|J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

まとめ:”若桃の甘露煮”は福島の隠れた名品!お土産にも最適!

福島のお土産というと、エキソンパイやままどおるが有名です。

が、この”若桃の甘露煮”もなかなかオススメですよ!

マンネリ化しがちな福島のお土産選びに、ぜひ”若桃の甘露煮”も選んでみてはいかがでしょう?

ちなみに、ネットでも購入できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Written by しふくまさん
在住する福島県福島市の情報をまとめた、地域ブログ・地域SNS「しふくま」の管理人を勤めています。 「しふくま」では、ツイッターのように投稿していくことで、コンテンツが貯まっていきます。福島市のみならず、福島に関するあらゆる情報を共有していただければ幸いです。 あわせて、みんなが情報を持ち寄ってコンテンツを作っていく、新しいタイプのメディアサイトを目指しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

sixteen − fourteen =

ツールバーへスキップ