atまちなかで美味しいコーヒーとパンを堪能!農作物の直売もあるよ!

こんにちは、@shifukumakissaです。

福島駅東口から徒歩5分のところにある、まちなか広場に佇んでいる小さいお店『atまちなか』。

『ここ何のお店だろう?』『いつ空いてるの?』と気になっていたので、早速入店してきました。

atまちなかの概要

まずはatまちなかの概要から。

  • 店名:atまちなか
  • 場所:〒960-8035 福島県福島市本町1−20 街なか広場 駐輪場付近
  • 営業日:毎週月曜日〜木曜日
  • 営業時間:12:00〜18:30
  • 電話番号:024-522-5087
  • 座席数:6(テーブル2つとカウンター2席)
  • Wi-fi:無し
  • 電源:4箇所(スマホの充電など、利用については要確認)
  • 決済方法:現金決済のみ
  • 駐車券:本町パーキング、1,500円で30分、3,000円で60分
  • 公式サイト:atまちなか 福島市まちなか広場に隣接したお店「おいしいをいっしょに」

営業日と営業時間がかなり限定的ですね。

店長さんによると、街中にお店が減ってきているので、少しでも盛り上げたいと一昨年から営業を開始したそうです。また、本業とは別で運営されているんだとか。

店先には店内で購入できる農作物の情報と、ハーブウォーターについての看板があります。

コーヒーはテイクアウトもできます。

さっそく中に中に入ってみましょう。

店内の様子

入口からだと全体が見渡せなかったので、テーブル席にて撮影しました。

まだ新しいお店なので、綺麗な内装ですね。

座席はレジ前のカウンター2席と、

テーブル席が2つの合計6席です。

店内でパンをいただくことが可能ですが、3~4人の団体でお越しになっても座れないことがあるかもしれません。

テーブル席の上には飲み物のメニューがあります。

なかなかリーズナブルなお値段ですなぁ。

レジの横には、雑貨も売られています。

それから先ほど明記した駐車券ですね。本町パーキングの駐車券を、1,500円で30分、3,000円で60分、発券してもらえます。

ハーブウォーターが無料

レジの前にはハーブウォーターが置かれていて、こちらは無料で飲むことができます。ご覧の通り、すでにハーブがタンクの中に入っているんです。

ほんのりと感じるレモンと、ハーブの香りがさわやかなスッキリとした味わいなんです。

美味しい~!

こちらは自家製となっています。

農作物とオーガニック食材、加工食品が買える

店内には至るところに農作物とオーガニック食材、加工食品が置かれ、直接購入することができます。

『収穫後1日以内の地場野菜』とは、なんとも美味しそうな響き!

しかも店長さんは、アスリートフードマイスターの資格もお持ちだとか。いろいろ栄養のことも相談できますね。

野菜だけではなく、

果物や加工食品まで販売されています。

レジ横にも野菜が置いてあり、

グルテンフリーのカレーや、その他加工食品、

コンポートなど、多種多様な食品も販売されています。

さくらぱんのパンがズラリ!

冷蔵ショーケースの隣には、市内の有名なパン屋さん「さくらぱん」さんから仕入れたパンが販売されています。

うーん、どのパンも美味しそうですなぁ。

しかも安い!

美味しいコーヒーとパンを堪能!

というわけで、コーヒーとパンを買ってみました。

コーヒーは「珈琲舎 雅」の豆で淹れており、コクのある味わいが特徴です。

パンは「クランベリーとマカダミアナッツのパン」。なかなかお店で見られない、珍しいパンですな。

このごろっとしたマカダミアナッツがいいですね!

クランベリーも果実感が残っていて、ジューシーな見た目で美味しそう。

外はパンらしく硬めですが、中はもっちり!そしてマカダミアナッツのゴリゴリとした食べ応えと、クランベリーの酸味が美味しい!

お昼やおやつにちょうどいいですね。

まとめ:お昼やちょっとした休憩場所に最適!

団体で入るには狭すぎるのと、営業日時と時間が限定的なので、一人で利用するのがいいですね。休憩したり、お昼ご飯としてパンを食べたりするには最適な場所です。

それにお値段もリーズナブル。コーヒーとパンだけなら、ワンコインも可能です。

もし近くにお越しの際は、利用してみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Written by しふくまさん
在住する福島県福島市の情報をまとめた、地域ブログ・地域SNS「しふくま」の管理人を勤めています。 「しふくま」では、ツイッターのように投稿していくことで、コンテンツが貯まっていきます。福島市のみならず、福島に関するあらゆる情報を共有していただければ幸いです。 あわせて、みんなが情報を持ち寄ってコンテンツを作っていく、新しいタイプのメディアサイトを目指しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

16 − 3 =

ツールバーへスキップ